ワゴンR フレーム修理 

カテゴリー: 一般整備 特殊整備 骨格修理

ワゴンR左隙間

ワゴンR右隙間

スタッドレス交換で入庫したワゴンRです

左フロントホイールをトルクレンチで締めたところ、ホイールごとリヤ側に数センチ移動しました!

これはおかしい! お客様は中古で購入した時から変な音がして気になっていたらしいです。

左右比較すると上写真が左で下写真が右です!左右の差は何と3センチ近く違います。

WAGON R

リフトアップして確認、黄の丸の部分に正面から矢印方向に入力あり!メンバー部は赤い部分から折れと曲りがあります。

ワゴンR 左メンバー

IMG_5531

ワゴンR

IMG_5534

3枚目の写真ですが右のサイドメンバーとスタビがリヤ側に押されたためにドライブシャフトがメンバーにあたった跡があり

さらに4枚目の写真ではリフトアップ状態でロアアームの付け根にドラシャが干渉しています

IMG_5535

これが左側のリフトアップ状態の隙間です。明らかに違いが解ると思います。

ワゴンRメンバー寸法

サイドメンバーの寸法を計ってみるとやはり左右差2センチありました!

スタビとロアアーム

スタビライザーとロアアームを繋ぐブッシュが変形して前後にガタがあります!

異音の原因はここです。スタビライザーが常にロアームを引いている状態の為にブッシュが変形したのでしょう。

IMG_5557

IMG_5558

右サイドメンバーとコアサポートを修正して防錆処理をしました。

スタビライザーブッシュ

IMG_5575

IMG_5572

左が元のブッシュで右が新品です。縮んでいるのがわかります

IMG_5510

しかし弊社としても事故車が粗悪で悪いとは思いませんけど、こういった事はよろしくないのでは?

足廻りとかは大変重要な箇所です。たまたまタイヤ交換で来店されて発見できたので良かったですと、言ってみえましたけど

売る前に気付かなかったのでしょうか?

ご説明した時は、修理代金がかなり高くなるのでは、と心配されていましたが、やり方によってはそんなに掛かることもありません

安く済んだと、喜んで頂けました!良かったですね(笑)

事故車を購入される場合は、しっかりとした修理箇所や内容が解っている車がいいと思います。

弊社では事故をした車でも事故前写真や修理中の写真などを保存してありますので安心だと思います。

後々にお客様が糸貫自動車で修理して良かったと思って頂けるように従業員一同頑張っています。